お財布に優しい「宅配クリーニング」は冬の家計の強い味方

今年もまた、冬服をクリーニングに出さずに夏を迎えようとしています。
毎年のように「早く出さなきゃ」と思いながら、どうにも気が進まなくて放置してしまうのです。なかなか腰が上がらないのには、「重い荷物を運ぶのが億劫」「店員さんがちょっと怖い」など、いくつかの理由があるのですが、いちばんは何といっても「費用が高い」ということです。

いつも使っているクリーニング店では、コート1点200円、メンズスーツも1式200円。夫と自分のコートを2着ずつ、それに夫の会社用のスーツを2揃い、計6点で7200円かかります。何が手に入るわけでもなく、ただ単に持っている服を洗うだけなのに、それで7200円が飛んでいってしまうのです。頭では必要経費だと分かっていても、つい「もったいない」と感じてしまうのは、そう珍しい感覚ではないのではないでしょうか。それで気がつけば、イケアの大きな青いビニールバッグに詰め込まれたたくさんの冬服が、もう何週間も部屋の隅に置かれたまま…ということになるのです。

そんなことをここ数年、懲りずに繰り返してきたのですが、今年はふと思い立って「宅配クリーニング」を利用してみることにしました。これなら大変な思いをして重たい荷物を運ぶ必要も、無愛想な店員さんと顔を合わせる必要もありません。そして何より、パック料金を安く設定しているお店にまとめて依頼すれば、1点あたりの金額をかなり抑えることができるのです。

例えばある宅配クリーニング店では、冬物を5点まとめて依頼すると全部で3600円ほどで受け付けてくれます。もう1着追加する場合は、プラス500円でOK。つまりコートとスーツ計6点を、4000円ちょっとできれいにしてもらえるのです。近所のお店なら7200円かかるわけですから、これはかなり節約になるといえるでしょう。しかもシミ抜きも無料でやってくれるとのこと。送料も無料だそうです。
これまで宅配クリーニングについては「トラブルが多いのでは」などと少し抵抗を感じていて、そのためにあまり興味を持って調べたりもしていませんでした。けれどちょっと調べてみると、どうやら家計に優しい、なかなか魅力的なサービスであるらしいということがわかってきました。もっと早く調べてみればよかった、と思います。まずは長く着ているものだけを出してみて、仕上がりがよければ、新しい服や気に入っているものも出していくつもりです。