熱中症と花火

先日、江戸川の花火大会があったんです。
私は江戸川の近辺に住んでいるんで、自転車でちょっと行けば花火がみえます。
しかし、その日はちょっと用事があったんで花火大会は見逃しました。
毎年行こうと思うんだけど、なんかしら用事が入っちゃうんですよ。

江戸川花火大会は来客数が日本一レベルで多い花火大会だってことは最近知りました。
やはり、江戸川は東京都側と千葉県側とに分かれているから、見物客も来やすいのかななんて思います。
しかし、日本一だってことは知りませんでしたね、結構身近なところでやってるもんで。

ただ、今年はやたら暑いですからね、そういった面では心配ですね。
なんだか、20代前半の交通作業員の方が熱中症で亡くなったというニュースをどこかでみました。
20代前半という若さでも亡くなってしまうような日に、100万人も見物客がきてるんだから、考えてみたらとんでもない話ですよね。

なんでこんな話をしているかというとですね、先ほどから救急車のサイレンが鳴り続けているんですよ。
先ほど、車でちょっと買い物に行ったんですけど、数分の間に2回くらい救急車をみました。
まぁ、花火大会は夜にやるんだから熱中症のリスクも低いのかもしれないけど。
何にせよ熱中症には十分気をつけるべきですよね。